サーバーインフラエンジニアの葉です。

LPICという資格をご存知ですか?

  「LPIC(エルピック)」とは、NPO法人/Linux技術者認定機関「LPI」が
実施している世界共通・世界最大・最高品質の「Linux技術者認定制度」です。

LPICはどんな資格ですか?

  

1.LPICは世界で通用するIT資格です。

世界共通基準で認定を行っており、150カ国以上の方々に受験されています。
  

2.LPICLinuxの技術力を中立公正に判定するIT資格です。

Linuxの技術力を客観的に評価する資格です。

LPICの試験の種類

LPICには、全部でレベルが3つがあります。
LPICレベル1、LPICレベル2、LPICレベル3です。

今回、私はレベル1を受けることになりました。

LPICレベル1概要

望まれるスキルレベル
LPICレベル1は、下記が問題なく行えるというレベルの試験内容となっております。
Linuxコマンドラインで作業を行うユーザの支援、大規模システムへのユーザの追加。
・バックアップとリストア、停止と再起動といった、簡単な保守作業を実行する(Xを含む)。
ワークステーションのインストールと設定や、そのワークステーションのLANへの接続、
 またはモデム経由でのスタンドアロンPCのインターネットへの接続を行う。
認定要件
「101試験」と「102試験」の2試験に合格するとLPICレベル1に認定されます。
受験する順番は、「101試験」と「102試験」のどちらからでも構いません。
※ ただし、認定されるためには2試験(101試験と102試験)を5年以内に合格する必要があります。
参考資料:www.lpi.or.jp/

まとめ

私の目標は、先ずLPICレベル1資格を合格することです。
そしてその次は、LPICレベル2に合格することを目指して頑張ります!
皆さんも興味が湧きましたら、ぜひ受けてみてください。