WordPressでの開発を主に担当している、
フロントエンドエンジニアのトウヤマです。

後輩エンジニアのために、そろそろ「WordPress関連の情報をまとめてあげないとな」って考えていたら、
なぜか、それならいっそブログにまとめてしまおう!ということになってしまいました……

というわけで、今回は、
ここ最近で使ってみて、今後も実務で使い続けたい!便利な「WordPress おすすめプラグイン」を7つまとめてみましたのでご紹介します。

Advanced Custom Fields

Advanced Custom Fields

Advanced Custom Fields

弊社では有料版のProを使用。
とりあえず入れないと開発ができないくらいです。

Options PageFlexible Contentは多用しています。

Custom Post Type Permalinks



更新箇所が2つ以上ある場合に使用。

例えば、NEWSとブログという時にNEWSのURLは「ID」でいいけど、ブログはURLを自由に設定したい!というときに便利。
カスタム投稿タイプのページャーまで設定してくれるのもありがたい。

※Custom Post Type Permalinks 1.0.0以上で下記の設定には注意。
Custom Post Type Permalinks 1.0.0以上で発生する、カスタム投稿へのパーマリンクが404になってしまう現象について。

Category Order and Taxonomy Terms Order



Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリが多い場合によく活躍します。

カテゴリ一覧の順番を「登録順ではなくその都度入れ替えたい!」という依頼がよくあります。そういうときには、このプラグインで対応することが多いです。

AJAX Thumbnail Rebuild



AJAX Thumbnail Rebuild

サムネイルを複数作成する場合。

開発途中でサムネイルを作成しなおすような場合に使います。

AddQuicktag



AddQuicktag

◎更新する方がHTMLを書けない場合。

独自で作ったスタイルを登録し、更新者はボタンを押してタグを押すだけで、
入力が可能になります。

MW WP Form



MW WP Form

コンタクトフォームを作成する場合。

確認画面付きのフォームが作成されるプラグイン。
バリデーションの種類も豊富です。

MW WP Formの注意点については、過去にブログで書いてます。こちらも合わせてどうぞ。
[article link=3530]

Any Mobile Theme Switcher



Any Mobile Theme Switcher

スマホ対応である場合。

ユーザーエージェントの判定でテンプレートの切り替えが可能になります。

まとめ

プラグインを入れたら、予期せぬバグが発生したり、ページが重たくなった!なんてことも発生します。

最低限必要なプラグインのみインストールして、シンプルで分かりやすいWordPressの設計を心がけたいですね。