カテゴリー: その他 Page 1 of 3

情報セキュリティマネジメント試験(SG) がはじまります

blog_img_4185

こんにちは。

IPA(情報処理推進機構)の情報処理技術者試験に新しい試験区分が追加されましたね。
その名も、、、

情報セキュリティマネジメント試験(SG)
[ Information Security Management Examination ]

じゃじゃーん、、すごく難しそうな試験名(笑)

対象者像は以下のとおりです。

情報システムの利用部門にあって、情報セキュリティリーダとして、部門の業務遂行に必要な情報セキュリティ対策や組織が定めた情報セキュリティ諸規程(情報セキュリティポリシを含む組織内諸規程)の目的・内容を適切に理解し、情報及び情報システムを安全に活用するために、情報セキュリティが確保された状況を実現し、維持・改善する者

 

  • 春期・秋期実施
  • 試験時間・出題形式・出題数(解答数)

内容みてると

ITパスポート <= 情報セキュリティマネジメント試験 < 基本情報処理

みたいな位置づけですかね。最近はこども向けのプログラミング教室があったり、国も施策として考えているみたいですし、試験区分が増えて、IT業界が盛り上がって行くのはいいことですね。これでブラックなイメージが払しょくされればいいのですが(涙)個人的にはLPIC系の国家資格ができればいいのになぁと思う今日この頃です。
今年も何か受験したいと思います。(これは受けないけど(笑))

■参考
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sg.html
https://www.jitec.ipa.go.jp/sg/

Internet Explorerのサポートポリシー変更!? 必要な対策をまとめてみました。

はじめまして、フロントエンドエンジニアのtoyodaです。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

さて、最近「Internet Explorer(IE)のサポートポリシーの変更」という大きな出来事がありました。

変更内容としては、2016年1月13日から各オペレーションシステム(OS)の最新版のIEのみがサポート対象となり、古いIEのサポートは終了するというもの。

しかし「サポート終了」と言っても、結局のところ「誰が」「何をしたらいいのか」が分からない方もいらっしゃると思うので、簡潔に対策が必要となるユーザーと対策方法をまとめてみました。

対策が必要なユーザー

Windows Vistaを利用されている方

「Windows Vista」における最新版のIEは、「IE9」です。

IE7、IE8を利用されている方は、「IE9」をインストールしましょう。
※IE7、IE8は、2016年1月13日にサポートが終了しました。

Windows 7を利用されている方

「Windows 7」における最新版のIEは、「IE11」です。

IE8~IE10を利用されている方は「IE11」をインストールしましょう。
※IE8~IE10は、2016年1月13日にサポートが終了しました。

Windows 8を利用されている方

「Windows 8」は、2016年1月13日にサポートが終了しました。

利用されている方は「Windows 8.1」へのアップデートを行いましょう。
※Windows8.1へアップグレードすることによりIE11がプレインストールされます。

Windows Serverを利用されている方

各Windows Serverにおいても、古いIEのサポートは終了し、最新版のIEのみがサポートの対象となります。
最新版のIEにつきましては、マイクロソフトのInternet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせをご参照ください。

問題点と対策方法

古いバージョンのIEには、今後脆弱性が見つかっても更新プログラムなどは適用されないため、セキュリティの面で大きな脅威にさらされることになります。
そのため、安全にインターネットを利用するためにも、IEのバージョンアップを行う必要があるのです。

IEは、新しいバージョンを自動的にインストールされるように設定することも、その設定をOFFにすることもできます。
一度OFFにしたまま忘れているということも考えられるので、今一度バージョンの確認を行いましょう。

マイクロソフトのInternet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせに、IEのバージョンの確認方法や最新版IEのダウンロードページへのリンクがまとめられた表があるので、そこからダウンロードしてインストールすることができます。


各OS、IEのサポート期間

各OS、IEのサポート期間についてまとめました。
あくまでもサポートの対象になるのは「その時点での最新版のIE」なので、今後もバージョンアップはしっかり行いましょう。

Windows Vista

「Windows Vista」の延長サポート終了日は、2017年4月12日までです。
そのため「IE9」も、2017年4月12日までサポートが継続されます。

Windows 7

「Windows 7」の延長サポートは、2020年1月15日までです。
そのため、最新版のIE(執筆時点では「IE11」)も、2017年4月12日までサポートが継続されます。

Windows 8

「Windows 8」のサポートは、2016年1月13日に終了しました。
そのため、早急にWindows 8.1へのアップグレードを行いましょう。

Windows 8.1

「Windows 8.1」の延長サポートは、2023年1月11日までです。
そのため、最新版のIE(執筆時点では「IE11」)も、2023年1月11日までサポートが継続されます。

Windows 10

「Windows 10」の延長サポートは、2025年10月15日までです。
そのため、最新版のIE(執筆時点では「IE11」)、新ブラウザ「Microsoft Edge」も、2025年10月15日までサポートが継続されます。

その他

その他のサポート期間等、詳細につきましては、マイクロソフト サポート ライフサイクルからご確認いただけます。

【WordPress】実務で使える!おすすめプラグインをまとめてみました

WordPressでの開発を主に担当している、
フロントエンドエンジニアのトウヤマです。

後輩エンジニアのために、そろそろ「WordPress関連の情報をまとめてあげないとな」って考えていたら、
なぜか、それならいっそブログにまとめてしまおう!ということになってしまいました……

というわけで、今回は、
ここ最近で使ってみて、今後も実務で使い続けたい!便利な「WordPress おすすめプラグイン」を7つまとめてみましたのでご紹介します。

Advanced Custom Fields

Advanced Custom Fields

Advanced Custom Fields

弊社では有料版のProを使用。
とりあえず入れないと開発ができないくらいです。

Options PageFlexible Contentは多用しています。

Custom Post Type Permalinks



更新箇所が2つ以上ある場合に使用。

例えば、NEWSとブログという時にNEWSのURLは「ID」でいいけど、ブログはURLを自由に設定したい!というときに便利。
カスタム投稿タイプのページャーまで設定してくれるのもありがたい。

※Custom Post Type Permalinks 1.0.0以上で下記の設定には注意。
Custom Post Type Permalinks 1.0.0以上で発生する、カスタム投稿へのパーマリンクが404になってしまう現象について。

Category Order and Taxonomy Terms Order



Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリが多い場合によく活躍します。

カテゴリ一覧の順番を「登録順ではなくその都度入れ替えたい!」という依頼がよくあります。そういうときには、このプラグインで対応することが多いです。

AJAX Thumbnail Rebuild



AJAX Thumbnail Rebuild

サムネイルを複数作成する場合。

開発途中でサムネイルを作成しなおすような場合に使います。

AddQuicktag



AddQuicktag

◎更新する方がHTMLを書けない場合。

独自で作ったスタイルを登録し、更新者はボタンを押してタグを押すだけで、
入力が可能になります。

MW WP Form



MW WP Form

コンタクトフォームを作成する場合。

確認画面付きのフォームが作成されるプラグイン。
バリデーションの種類も豊富です。

MW WP Formの注意点については、過去にブログで書いてます。こちらも合わせてどうぞ。
[article link=3530]

Any Mobile Theme Switcher



Any Mobile Theme Switcher

スマホ対応である場合。

ユーザーエージェントの判定でテンプレートの切り替えが可能になります。

まとめ

プラグインを入れたら、予期せぬバグが発生したり、ページが重たくなった!なんてことも発生します。

最低限必要なプラグインのみインストールして、シンプルで分かりやすいWordPressの設計を心がけたいですね。

ディスプレイが・・2

こんにちは、ishinoです。

ディスプレイが・・未だにまぶしいです(+_+)

 

以前にもこんな記事を書きました  → ディスプレイが・・

 

現在、前記事で紹介したプラグインを全く使っておらず、なんでかなーと思いながら
またいろいろ調べていたところ、いいものを見つけました!

 

それはこちらです → f.lux

 

以前からあったアプリのようです。

このアプリは、画面のブルーライト成分を日の出からの時間をはかって自動的に調節してくれます。

 

個人的な感想ですが、これを使い始めてから目が全然疲れないです!!
1日中PCとにらめっこをしていても疲れません。
画面を見ることがストレスにならないので、思いっ切り作業に集中できます。

もうアプリオフの状態で画面を見るのが怖い(笑)

 

この威力は、僕が説明するよりインストールしてもらう方が早いと思います。

日頃、そんなに目の疲れを感じていない人でも、普段から目を労わってあげることは
大切だと思いますので、皆さんぜひサクッとインストールしてみてください。

 

最後におまけですが、iPhoneアプリも出ていました!
まあ、僕はスマホ持ってないので関係ないケド(笑)

 

Windows 10にしたら Macからリモートデスクトップが繋がらなくなった

こんにちは、はらぐちです。

最近までWindouwsのパソコンを起動すると、デスクトップ画面右下のインジケーターに
「Windows10を入手する」というボタンが表示されるようになっていましたが、皆さんご存知でしょうか?
これは、今年7月にリリースされた、Windows10への無料アップグレードを予約できるというもので、
Windows利用者の間で話題になっています。

私もこの機会にアップグレードしてみたのですが、その際Remote Desktop Client for Macを使った
リモートデスクトップが使用できなくなってしまったので、その時のお話しをします。

具体的には、Windows10にしてから「接続先のコンピューターのIDを確認できません。」
というエラーが出て繋がらなくなりました。
Windows8Windows Server 2012でも同様の現象となる、との事。

AppStoreにある Microsoft リモート デスクトップというアプリだと問題ないのですが、
こちらはキーボードのキーバインドが個人的に気に入らないので、
Remote Desktop Client for Macを使い続けたいと思っているので、調べてみることにしました。

結果、以下のようにすると接続できるようになりました。

検索で "gpedit.msc" を入力し、以下のように設定を変更します:
ローカルコンピュータポリシー
コンピュータの構成
管理用テンプレート
Windows コンポーネント
リモートデスクトップサービス
リモートデスクトップセッションホスト
セキュリティ
リモート(RDP)接続に特定のセキュリティレイヤーの使用を必要とする: 有効
オプションパネルで、セキュリティレイヤーを "RDP" に変更する
リモート接続にネットワークレベル認証を使用したユーザー認証を必要とする: 無効
再起動

(参考)
http://zakkied.hatenablog.com/entry/2013/09/30/132342

具体的にどのような作業なのかよくわかっていないのですが、ローカル内で使いたいだけなのでOKとしました。

なにかの参考になれば幸いです。

自分の得意なコトをやろう

イギリスの経済学者デヴィッド・リカードは言いました。
「自分の得意なコトをやろう」
(※本当は全然違いますが、ニュアンスはこんな感じです。たぶん。)

チームで仕事をする場合、自分は比較的得意な仕事を担当することが
自分にとってもチーム全体で見てもプラスになります。
なんか当たり前のようなことを言っていますが、よく考えると面白いので、ちょっとお話します。

2つの案件

・案件A:PHP2000行、HTML1200行書く。
・案件B:PHP1000行、HTML500行書く。
この2つの案件を2人でやっつけることを考えます。

パターン1

PHPしかできないプログラマーさんとHTMLしかできないコーダーさん。
この場合、案件A,BのPHP部分をプログラマーさんが、
HTMLはコーダーさんが担当すればいいことがすぐに分かります。
2人が別々に案件A、案件Bをそれぞれ担当しても、片方の作業が全くできないので完遂できません。

パターン2

PHPが得意なプログラマーさんとHTMLが得意なコーダーさん。
今回は、プログラマーさんはHTMLもできます。同じようにコーダーさんもPHPができます。

このケースにおいても、それぞれが別の案件を担当するのでなく、
両案件のPHPプログラマーさん、HTMLをコーダーさんが担当するのが良さそうです。
早く終わって手が空いたらもう片方を手伝う感じですね。

パターン3

最強プログラマーさんと新人プログラマーさん。
お二人共PHPとHTML両方できますが、最強プログラマーさんの方がPHPもHTMLも開発スピードが早いです。
この場合はどう仕事を割り振るのがいいでしょうか?

最強プログラマーさんが1時間あたりPHPのコード100行、HTMLを50行書けるとします。
一方、新人プログラマーさんは1時間あたりPHP50行、HTML20行しか書けません。
とりあえず、それぞれが案件A、案件Bを担当すると

◯最強プログラマーさん
PHP 100行 2000行 20時間
・HTML 50行 1200行 24時間

◯新人プログラマーさん
PHP 50行 1000行 20時間
・HTML 20行 500行 25時間

となりますね。

ところが、これはベストな采配ではありません。
この場合、新人プログラマーさんは自分のより得意なプログラムに専念した方が早く終わります。

具体的には

◯最強プログラマーさん
PHP 100行 750行 7.5時間
・HTML 50行 1700行 34時間
◯新人プログラマーさん
PHP 50行 2250行 45時間
・HTML 20行 0行 0時間

こんな感じです。
新人プログラマーさんの作業量は変わっていませんが、最強プログラマーさんの
作業時間が短縮されました。

新人プログラマーさんのPHP10行はHTML4行の価値しかありませんが、最強プログラマーさんの
PHP10行はHTML5行の価値があります。
なので、HTMLはなるべく最強プログラマーさんに任して新人プログラマーは自分の得意とする
PHPを書いた方が効率がイイのです( ・∀・)イイ!!

もちろん、実際の現場となるとこんな単純な話ではないですが、自分の得意を伸ばすことが
大事だということが分かると思います。

EVMで出来高管理しよう

PMBOKPMPを勉強された方なら聞いたことあると思います。
今回は「EVM」についてご紹介したいと思います。

EVMってなんでしょう?
ということは、ググって見てもらえればわかります(笑)
一言でいえば、プロジェクトの出来高を数値化して管理する手法のひとつ
で、おしまい!なのですが、実際よくわからんし導入したところで何になるの?
と悩まれている方も多いと思います。

正直、私も導入したことがない(ないのかいっ!)のですが、これを機に
導入を検討したいと思います。

まずは、EVMで重要な要素についてです。

BAC・・・プロジェクトの総予算
PV・・・出来高計画値(計画時点で見積もった予算コスト)
AC・・・出来高実績値(現時点までに完了した作業の実コスト)
EV・・・出来高実績値(現時点までに完成した作業の予算コスト)

があります。もっといろいろありますが、その他は慣れてきたら
考えてみたらよいと思います。

そして、EVMの具体例をごくごくシンプルに説明すると
総予算100万のプロジェクトを、機能A4人日、機能B6人日を1人で10人日かけて作業するとします。
(1人でやる分にはプロジェクトといわないかもしれませんが、、)
この場合、BACは総予算なので、100万です。また1日あたりの出来高は10万となります。(100万÷10人日)
このプロジェクトの5日経過時点で、成果が機能A100%、機能B0%でかつ、残業して
機能A完成に、60万使ってしまったとすると
PV=50万、AC=60万、EV=40万となります。
これの意味するところは、

「5日経過時点で、50万の出来高予定だったが、実際は40万分の作業しかできていないにも
かかわらず、60万のコストを使ってしまった。」

ということになります。図化すればもっとわかりやすくなります。

というわけで、EVMの全部を理解しようとせずに、
わかるところから徐々に導入していったらいいと思います。
もっとざっくりいってしまえば、EVMに関わらずステークホルダが納得するような
数値の見せ方を自分なりに工夫して示せれば、OKと考えてます。

平文でわかりにくかったかもしれません、、が
ぜひご参考までに。

平成27年度春期 情報処理技術者試験(PM) 受験録

ちょっと日はたってしまいましたが、秋期に引き続き、受験してきました。区分はPM。
秋期の結果は聞かないでください。(涙)

いつも午後2の論文でNGくらってしまうんですね~><
色々、対策はあると思うのですが、日頃忙しいことを理由に、ついつい実務経験をベースに記述してしまう。
のはダメなのはわかっているのですが。。。ついつい。

前回合格分の午前1免除も切れてしまって、午前1から受験することに。
前回の受験録同様、気になる設問を1つ記載しておきます。

プロジェクトマネジメントにおけるリスクの対応例のうち、PMBOKのリスク対応戦略の一つである転嫁に該当するものはどれか。
ア あるサブプロジェクトの損失を、他のサブプロジェクトの利益と相殺する。
イ 個人情報の漏えいが起こらないように、システムテストで使用する本番データの個人情報部分はマスキングする。
ウ 損害の発生に備えて、損害賠償保険を掛ける。
エ 取引先の業績が悪化して、信用に不安があるので、新規取引を止める。
【出典:平成27年度 春期 プロジェクトマネージャ 午前1 問19】

PMたるもの、何かあったときのリスク対応は基本ですよね。
まあ、コンティンジェンシプラン立てても結局は、根性でカバーってなってしまうことが多いのですが(汗)

ITで最適化とか言ったりしてますけど、そのITを生み出す現場は最適化されていなかったりします。
これはPMの責務なので、なんとかしたいと日々悶々としているところではあるのですが。。

話はそれましたが、答えはわかりますでしょうか。
正解は、IPAのサイトに過去問の答えがありますので、そちらでご確認ください。(笑)

マウスを左手で使う

突然ですが、みなさんマウスは右手と左手どちらで操作されていますか?
右利きの人は多分右手ですよね。

僕も数年前まで当たり前のように右手で使っていました。

しかし、学生時代にこんな記事を見つけました。
知ってる人はやってる…右利きなのにマウスが左にあるワケ – NAVER まとめ
これによると、左で使うメリットが色々あるようです。

左手でマウスを使うメリット

①キーボードのホームポジションからの距離が近い

テンキー付きのキーボードを使っている場合、マウスをテンキーの横に置くことになります。
そうするとキーボードのホームポジションからマウスまでの手の距離が右手だと遠くて大変です。
左手でマウスを使うようにすると、マウスまでの距離が近いですし、デスクの左右のバランスも良いです。

②右手がフリー

左手でマウスを使うと、もちろん右手がフリーになります。
そうすると、マウスを操作しながら字を書いたり、ご飯を食べたりできます。
けん玉なんかもしちゃったりして( ̄∀ ̄ )

③「右クリックの左クリック感は異常」が解決

右クリックの左クリック感は異常 – ゴールデンタイムズ
ちょっとややこしいので説明します。
右手でマウスを使うと、よく使う普通のクリックを「左クリック」といい、
補助的なほうを「右クリック」といいます。
こうなると、右と左では右の方が「主」っぽいので、右クリックと聞くと実際の左クリックを
連想してしまう人も少なくないのです。

しかし、左手用にマウスを設定してクリックを入れ替えると、よく使う方のクリックが右クリックになり、
補助的なクリックが左クリックになります。
ほら!これで右クリックの左クリック感が異常状態が解決します(σ゚д゚)σドウデモイイ!!

まとめ

というわけで、記事を見たとき、しばらくマウスを左手で使う練習をしていました。
1週間くらいすると慣れてきて普通に操作できるようになりました。
でも、そこまで作業が捗る感じはなかったですね。やはり、感じ方には個人差があります。

ちなみに、seedsではかっこいいマウスを支給してもらっています。
LOGICOOL G500
ボタンもいっぱいあって細かい調整ができるので操作しやすいです!
これは完全に右利き用ですが。

みなさんも、一度左手でマウスを試してみてはどうでしょうか?
もしかしたら、作業が捗り効率UPになるかもれません。

最後に、これだけマウスの話しておいてなんですが、
先日からマウスの調子が悪いので、今はMacBookAirのトラックパッドで作業してます(-_-)笑

快適!MacでショートカットLife「フルキーボードアクセス編」

快適!MacでショートカットLife「フルキーボードアクセス編」

どうも、タナカです。
春ということで、新しくMacライフを始められる方に向けて、キーボードショートカットをまとめてみることにしました。

というのも、これまでどうしてもできなかったことを可能にする設定が分かったからなのですが、
本来ならば「Web系なのにそんなことも知らなかったの?」と思われて恥じるべきところを、
長年の悩みから開放されたテンションのまま記事にしていきます。
よろしくお願いいたします!

「キャンセル」と「OK」を、キーボードだけで切り替えたい!

さて、その悩みというのが、

「キャンセル/OK」選択ボタン

この画像のような状況で、
「キャンセル」と「OK」を、キーボードだけで切り替えたい!というもの。

同じように悩んでた方はおられませんか?

Web系の会社で働いている者としては、ホントに初歩的な知識なのかもしれないのですが、
恥ずかしながら、これまで知らなかったのです。。。

ひと通りの操作はショートカットキーを活用して対応できるのに、
この「キャンセル」と「OK」の切り替えだけはなぜか出来ない。
色んなキーを組み合わせてみてもダメ。

なぜ?

何度か検索してみたものの、お目当ての情報にたどり着くことが出来ず、
この操作はショートカットキーで済ますことが出来ないほどに重要な選択ということなのだろうか?
という勝手な解釈と、
「まあ、トラックパッドで操作すればいいだけのことだし。」
という自己暗示をかけながら、自分を欺いていました。

フルキーボードアクセスの有効化

そんな悩みも、システム環境設定で「フルキーボードアクセスを有効化」するだけで解決です!

※「フルキーボードアクセス」とは、Tabキーを押してウィンドウやダイアログ内の操作対象を移動する機能の適用範囲のことで、デフォルトでは「テキストボックスとリストのみ」に設定されています。

設定の変更方法

システム環境設定画面

システム環境設定 > キーボード > ショートカット > すべてのコントロール

システム環境設定画面から、キーボード > ショートカットに進み、
「すべてのコントロール」を選択するだけ!

たったこれだけの設定で、
ダイアログ内での「キャンセル」と「OK」を、キーボードだけで選択できるようになっちゃいます。

操作方法

・「tab」キーで選択(選択位置を戻したい場合は「shift」+「tab」キー)
・「space」キーで確定

Appleサポート:フルキーボードアクセス

ホント簡単にできることなので、悩んでいない方にもオススメです。
一度お試しください!

そろそろテンションも落ち着いてきましたので、
冒頭に書いたショートカットキーのまとめについてはまたの機会に。。。


弊社の広報誌、シーズマガジンで特集した号がありますのでリンクを貼っておきます。
今春身につける!「ショーットカットキー」こんな時使いたいお役立ちコマンド

シーズマガジン2014年4月号

Page 1 of 3

© SEEDS Co.,Ltd.